私立中受験、公立中高一貫校受検に両対応!
自宅で中学受験のバイブル サクラサク中学受験勉強法 >>特定商取引  
教材のお申し込み
お問い合わせ
TOP        
プロフィール 特徴と内容 特典と返金保障 よくある質問 購入者の声  
TOP > 合格体験記2014

 



野球・ピアノを続けながら、

1年間の受験勉強で、吉祥女子に合格!

 

 

坂本先生、今日は、嬉しいご報告をさせていただきます。
娘が見事第1志望の吉祥女子に合格することができました!!

サクラサクに出会ったのはちょうど1年前の2月。
遅いスタートでしたが、塾へも行かず、サクラサク一本で合格を勝ち取ることができました。

 

スカートを履きたくないと始めた受験でしたが、吉祥女子を第1志望と意識したのは夏前でした。
今の勉強の進度では相当頑張らないと間に合わないと坂本先生から発破を掛けられて、夏休みから猛然と頑張りました。

秋の模試では、合格可能性が30%未満でしたが、見事な大逆転です!

 

ピアノのレッスンも最後まで続けました。
好きな野球の練習は模試以外では休まず 、年明けからは練習に行くためにその週の予定の勉強を必死で終わらせていました。 そして、受験の前の週には試合でノーヒットノーランを達成する充実ぶりでした。

 

第2ステージ終了は10・11月、そこから吉祥女子に的を絞った勉強をしてきました。もともとマイペースな性格ですが、試験直前になってもいらだつことも、焦ることもなく、平常心でいることができました。
サクラサクの坂本先生のお蔭で、今何をすべきかを確信していたからだと思っています。

 

スタートも遅く、中だるみもありましたが、サクラサクの実践は間違いなく合格への最短距離だったと思います。

先生のアドバイスのお蔭様で、私も娘のサポートが少しは上手くできたように思います。


合格という結果だけでなく、自学自習の習慣、経験ができたことが何よりの宝だと思っています。
中学校に入ってもこの意識を忘れずに頑張ってくれることを信じています。

ありがとうございました。

 

小6女子の母

 

 


 


目標を絞り込み、都立桜修館に合格。




中学受験が終わりました。
結果としては、
第一志望の都立桜修館中等学校に決定しました。

2/1に受験した第二志望の田園調布学園も合格したので、今回の受験は今振り返れば上々の結果でした。

 

最初に大手進学塾で挫折し、その後の個人塾でもうまくいっていなかった時に「サクラサク」に出会い、救われました。

 

<合格マップ>
シールを貼ることがモチベーションになるか不安でしたが、結局最後まで、シールを貼り続けることで、勉強のペース配分ができました。
シールを貼ることが目的化しないか不安でしたが、ステップごとのプレゼント
も効果的で、試験直前まで、勉強のルーティーンができたことは効果的でした。

 

<親の関与の仕方>
「ユダヤ式」にもありましたが、本人のやる気を最優先して対応してきました。
決して「勉強しなさい」とは言わず、本人がやる気が出ない時はあえて無理強い
はしませんでした。ただし、「合格マップ」に沿って、いつまでにここまでやろうという約束をしたおかげで、ある程度ペースを守りながら勉強を進めることができました。
とかく親は不安で、多くの学校を受験させたがりますが、坂本先生の「3校がベスト、多くても5校」というご指導は志望校を絞って集中して勉強することができました。
9月から過去問に取り組みましたが、桜修館、田園調布、品川女子学院以外の過去問は1年分だけやり、田園調布は2回繰り返してやることで、本人の自信にもなったのかと思います。

 

<最終受験校と塾や模試の関係>
私立は、最初の第一志望だった鷗友を早めに諦め、田園調布、品川女子学院に絞って対策をやったことが功を奏したと思います。

平日は娘が自分で国語、社会を勉強、週末は私が算数、理科を教えるパターンにしましたが、これを貫いたことが結果として良かったです。
「模試の結果に一喜一憂しても仕方がない、それより過去問に集中すべし」との先生の助言も背中を押してくれました。模試は四谷大塚だけにして、受験校を絞ることを主目的に活用し、1月に他県の受験もせず、いきなり2/1を迎えましたが、娘も緊張することなく、受験は終わりました。

 

<最後に>
受験は本人がしますが、中学受験は親の関与の仕方が大きく結果を左右すること を実感しました。娘の友人が試験直前になって大手進学塾から脱落していくのを見ていると、早めに「サクラサク」に切り替えて成功でした。
勉強時間も少なく、ドラマを見る、ゲームもしながらの受験でしたが、無理強いすることなく、かつ「受かりたい」気持ちを切らすことなく、マイペースを守りながら勉強を続けたことが成功の秘訣だったと確信しています。

 

数々のご助言、多くの場面で背中を押してくれたこと、本当に感謝しています。
ありがとうございました。

 

K.Hさん(東京都 小6女子の父)





“ 小6スタート、塾なしで名古屋中に合格 ”

 

<本人からのメール>

 

第一志望の名古屋中学校に・・・合格することができました。
今から名古屋中学校の制服を着て登校するのが楽しみで楽しみでたまりません!

僕は以前から天文が好きだったので名古屋中学校の巨大な天体望遠鏡のある天文台から太陽を見たかったので本当にうれしいです!

6年生から受験勉強を始めて毎月日能研の模試を外部生として受けましたが、11月まで偏差値が上がりませんでした(43ぐらい)。

でも坂本先生の勉強法を信じてやり続けていたら12月から急に上がりました!(56ぐらい) 本当に有難うございました!


<お母さんからのメール>


昨年の今頃、坂本先生に長々と相談をさせてもらったことを懐かしく思います。
ぎりぎりまで難しいと思っていた志望校に合格をいただいたときは、親子でとても喜びました。

坂本先生のサクラサクを信じてやり始めましたが、時々、自己流にもなったり、模試の結果に落胆したり、難しい問題に躓いたり泣いたり笑ったりのあっという間の一年でした。

でも、自己流でやると模試の結果は一目瞭然で、本人も、素直に大切な七つの方法にもどってやることができ、そうすることで自然と自信を取り戻しているように見えました。
心配からか志望校のランクを落とすようにすすめたり、集団塾に通わせた方が良いのではないかとおろおろしていた主人も合格の発表を見て感動していました。

試験が近づいてくると、さすがに親子でそわそわしたのですが先生からのメールで我に返りました。
合格も大切かもしれないけど、受験も模試と一緒で今の自分の力を試すものだと。緊張半分リラックス半分で受けられたようです。

今の小学校のお友達も、「塾にいっていないのにどうして合格できたの?」と聞かれたようです。塾組の子は不思議でたまらないようです。

勉強の基本を教えて頂き本当にありがとうございました。


Y.Mさん(愛知県 小6男子の母)


 


 

“ 東大附属中等教育学校に合格。”

 

以前、メール相談をしました長女ですが、2月3日の東大附属中等教育学校の一般選抜に臨みました。そして昨2月4日、無事に合格いたしました。

 

4回受けた志望校別の模試では安定して70~80%の合格可能性が出ていましたので、恐らく大丈夫だとは思っていましたが、掲示板に受検番号を見つけた時は、さすがにひとしおの感慨がありました。

 

思えば、「サクラサク中学受験」で勉強したことで確かな学力が身に付いたため、その後の志望校別の勉強でも成績を伸ばすことができたのだと実感しております。

 

少し先になりますが、3歳下の次女の進学にあたってもサクラサクのお世話になることと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

S.Tさん(東京都 小6女子の父)




 

“ 偏差値38からでも特待生合格はできる!”

 

ほぼ、サクラサクの自宅学習だけで、
東京農大3高附属中学に、特待生で合格できました。

 

自宅で受験できる方法を調べてみたら、たまたま坂本先生のHPにたどり着き、教材をそろえたのが6年生の5月。

 

「自宅学習で特待生に合格したら行かせてあげるよ」と、冗談半分、記念受験のつもりでした。
スタートも遅かったし、「どうせ続かないだろう」とこちらも特に勉強をみてやることもしませんでした。

 

それでも自分で計画を立て、「坂本先生の選ぶドリルは、一人でやってても面白いし、どんどん進む」と、健気に頑張っている姿に、「親も応援しなきゃダメかしら…」と思いつつ、夏休みはずっと習っていたバイオリンの集大成!オーケストラに参加し、練習三昧の日々。

 

9月末、農大3高の文化祭で進路相談をしていただき「ここで決断しないと、後悔する!」 母も一念発起。本格的に勉強をみてやることを決意しました。

 

2科目でギリギリ間に合うか?!
とりあえず合格ライン、もし可能であれば特待をねらう!本気のお受験を決めたのは、10月でした。

モチベーションをあげるために、個人指導の塾にも所属しましたが、塾では過去問を解くくらいで、勉強の進め方は全て、サクラサクを参考に、母子で計画をたて、サクラサクと塾の教材をバランスよく組み合わせて、自分たちでやり遂げました。

 

とてもいい塾で、みんな応援してくれたけど、
「10月から受験勉強を始めて、算数の偏差値38(四谷大塚)なのに、特待をねらう!」そんな非常識な母子のことは、正直、あまり相手にしてなかったんじゃないかな~ 当たり前ですよね、笑

 

「算数が間に合えばなんとかなるかも」と踏んでおりましたが、
本当に特待生になれるとは、正直思っていませんでした。

 

…習い事と両立できたのも、とても良かったです。
バイオリン・ピアノは10月までやりましたし、お習字は最後までやめずに頑張り、合格発表のすぐ後に、初段合格の嬉しい知らせを受け取りました♪
習い事で鍛えた集中力を発揮できたと思います。

 

スタートが遅くても、あきらめずにがんばり、やる気で、夢をつかみとりました。小学生でこんな充実した経験をすることができて、息子は幸せ者です。

 

先生の、ご家族のご多幸を、サクラサクの更なるご発展を、お祈りしております。これから受験のみなさんも、がんばれ~!

 

埼玉県 沼田道代さん(小6男子の母)




 

“ まわりに受験環境がなくても大丈夫 ”

 

受験のご報告をさせていただきます。
当初第1志望としていた、本庄東高等学校附属中学に合格しました。

 

思えば受験をしようと5年生の終わりに始めた時は(今思えば遅すぎたと痛感してます)自宅付近には受験塾はなく、普通の学習塾でどうしたらいいのか分からない状態で、試しに受けた模試も散々な結果でした。

 

小学校の成績は1番2番手でしたので少しは太刀打ち出来ると思っていましたが…甘かったです。そして家族会議を開いて真剣に受験を諦めようとしていました。そんな時にサクラサクに出会いました。


早速申し込みをして取り掛かり、基礎をしっかりやっていくうちに少しずつ模試の結果が上がっていきました。初めは毎日こんな少しの勉強で本当に間に合うのか不安でしたが、もうこれしか頼れるものはないと思い、信じてやるしかない‼︎これがダメなら諦めようと…。

すると6年生の秋頃から成績が伸び始めて欲を出して第1志望校を変更しました。 結果、第1志望にした学校は残念でしたが、第2志望の学校の合格を頂きました。 しかも良い成績で。


もし、サクラサクに出会ってなかったら第2志望の学校も危うかったと思いますので、この結果には満足しています。本当にありがとうございました。

 

娘は受験が終わった今もサクラサクのおかげで学習習慣がつき、中学の予習を始めています。受験を始めた頃はあんなに嫌いだった勉強も学ぶ楽しさを知ったようで本当に感謝しています。

 

小林真美さん(埼玉県 小6女子の母)


 



 

“ 苦手な算数を攻略し、見事第一志望校合格!”

 


2/1に第一希望校から合格を頂きました。
実践女子学園に入学いたします。

当日は体調も万全で、天候にも恵まれ、緊張することなく落ち着いて臨むことが出来ていました。
テスト後「たぶん大丈夫だと思う!」と頼もしい言葉もありました。
ただ番号を見るまでは…と思い、翌日受験もイメージしながらおりました。
番号を見つけた時は、この番号だよねと一瞬お互い確認し(1.5秒)、それから声を絞って(広尾の駅前だったので)やったー!よかったね!やったね!と言い、固い握手を何度もかわし、喜び合いました。もう本当に嬉しかったです。
子供にとっては特に長い道のりだったので、この結果に心からほっといたしました。

本人希望で初日の午後と5日に広尾学園も受験いたしました。
1回目は算数がわからないところばかり出たと言ってお手上げだったようでしたが、2回目は算数に手応えを感じ、結構できたと言っておりました。
結果は予想通り不合格ですが、やりきったという清々しさでいっぱいになりました。
ここまで算数に積極的に立ち向かえたのはサクラサクに出会えたおかげです。

サクラサクでは、一度立ち止まりかけた親子に前進する術を教えていただき、
6年から塾に行かなくとも合格は出来るという自信をいただきました。
いい出会いをさせていただけたと心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

週末に入学者説明会があり、行ってまいりたいと思います。
これからどんな学校生活が始まるかとわくわくしていますが、
残り少ない小学校生活をまず伸び伸び過ごしてもらいたいなと思っています。


東京都 小6女子の母

 

 

 



通塾なし、ピアノを続けながら

東洋英和女学院中に合格!

 

 

第一志望の(一校しか受けておりませんが)東洋英和女学院中学部、

合格いたしました。夢の様です。

先生を信じて三年間、がんばってよかったと思いました。

 

年末のピアノコンクールでも賞を頂き、三月の記念コンサートに向けて調整中です。結局大好きなピアノは一月のみレッスンをお休みし、ニ月から復帰できました。
あまりになにもかも手に入った気がして、唖然としています。

最後の一ヶ月は過去問徹底攻略と、集中力を発揮させるために本番テストになるべく近い形でのリハーサルを何度も重ねイメージを蓄えました。
また、本番は朝が早いので、最後の一週間は毎日9時に寝て6時に起きる生活を徹底しました。

日能研の合格判定テストではことごとく落ちていましたが、最後まであきらめず先生を信じてがんばりました。
最後の最後は本人の集中力が物を言ったと思っております。

次は下の娘の受験です。
また、サクラサクで三年間がんばります!

Y.Kさん(東京都 小6女子の母)

 

 

 

 


Copyright ドリームエデュケーション  All Rights Reserved